アーカイブ再生開始位置の指定機能について

生放送終了後アーカイブの再生開始位置を指定できるようになりました。詳細の仕様について紹介いたします。

1.今後放送される番組は自動的に蓋絵部分がスキップされます

生放送の冒頭に「蓋絵」状態で配信された部分を自動的に検知し、蓋絵が開けたタイミングがアーカイブの再生開始位置になります。1秒単位で蓋絵の切り替わりを検知しています。

※初期リリース時は一部カテゴリ内(ゲーム、芸術、定点)のチャンネルは非対応になります。


2.手動でもアーカイブ開始時間を指定できます

管理画面の番組下に表示されている「開始位置の指定」からアーカイブ開始位置を指定することができます。1の自動検知されたものは自動検知された値が入っていますが上書きが可能です。


3.盛り上がったシーンに直接リンクできるパラメータも指定可能

さらに、アーカイブへのリンク時のURLにパラメータをつけることで、放送後にSNS等でお知らせする際にその位置から再生させることができます。(盛り上がったシーンへすぐに視聴者を誘導できます)※アプリとスマホブラウザではURLでの開始位置指定ができませんのでご注意ください。

【パラメーターのつけ方】

↑のように番組のURLに?start=***(秒数)をつけると、該当URLにアクセスした際にそのシーンから映像が再生されます。

盛り上がったシーンをお知らせする際にぜひご活用ください。