約3秒のタイムラグで高画質な配信ができる「低遅延モード」をリリースしました。

いつもFRESH!をご利用いただき、ありがとうございます。

FRESH!では9月4日に、高画質を保ちながら業界最速水準となる約3秒のタイムラグでの生放送を実現する「低遅延モード」をリリースしました。

同水準のタイムラグを実現している他サービスと比較(※1)して、約2.5倍の高解像度・最大約3.3倍の高ビットレートでの配信を実現しており、画質にこだわりつつ配信者と視聴者が低遅延でコミュニケーションをすることが可能になりました。

また、FRESH!は、配信事業者が継続的な収益を得ることができる、チャンネル毎の月額会員機能を設けている他、専門的な配信機材や技術がなくてもスマートフォンのみで場所を選ばず配信ができる配信専用アプリ「FRESH! CAST」の準備を進めております。

今後も日本最大級の映像プラットフォームの実現に向け、積極的な機能拡充を行ってまいります。


FRESH!での配信アカウント開設は、こちらからご申請いただけます。

https://freshlive.tv/lp/channelrequest


(※1)動画配信サービス比較(弊社調べ)

(※2)Web版の低遅延モードのタイムラグは、2017年9月現在、約5秒です。2017年冬に約3秒のタイムラグに短縮予定です。また、Web版で低遅延モードを視聴する際は、視聴者が低遅延モードを「ON」に設定する必要があります。