「第34回日本障がい者水泳選手権大会」FRESH!にて生中継!

映像配信プラットフォーム「FRESH!」にてチャンネルを開設する「TOKYO パラスポーツチャンネル」にて11月18日、「第34回日本障がい者水泳選手権大会」が生中継された。

「TOKYOパラスポーツ」チャンネルは様々な障害者スポーツ・パラスポーツを競技中継するチャンネル。昨年度はゴールボール、グランドソフトボールなど7競技が中継された。8月のフライングディスク競技大会、9月のアーチェリー競技大会に続き、水泳選手権大会の中継も今回が初めてとなる。千葉県国際総合水泳場で行われた本大会は、実況に柴崎啓志アナ、解説にアテネパラリンピックで平泳ぎ銅メダルを獲得し、現在は日本身体障がい者水泳連盟技術委員長を務める杉内周作、パラリンピック水泳日本代表監督の峰村史世を迎え実況放送された。 

今年9月にメキシコで開催される予定だった世界選手権が現地で発生した地震の影響により延期、日本代表チームは参加しない判断が出ており、大会に向け調整を続けていた選手たちの多くが今大会に参加、ハイレベルな大会になった。放送では、リオオリンピックで4つのメダルを獲得した木村敬一選手、富田宇宙選手が男子100メートル自由形で共に大会記録を更新。またパラリンピックでこれまでに15個のメダルを獲得しており「レジェンド」と称される成田真由美選手も、女子100メートル自由形で大会新記録を更新した。 

この日最も盛り上がりを見せたのは、混合200メートルリレー 決勝。障がいの度合いによって組み分けされた2レースが行われ、共に神戸楽泳会がレースを制した。 


第34回日本障がい者水泳選手権大会 

チャンネルURL

https://freshlive.tv/tokyo-parasports

第34回 日本身体障がい者水泳選手権大会 | FRESH!(フレッシュ) - 生放送がログイン不要・高画質で見放題

第34回 日本身体障がい者水泳選手権大会 ▼出演者 実況:柴崎 啓志(しばさきひろし) 解説:(一社)日本身体障がい者水泳連盟 技術委員 --------------------------- 競技概要 基本的には国際水泳連盟のルールに則って競技が行われます。使用するプールや、泳法(自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ)も同じです。 しかし、「障がいによってできないこと」や「ケガをしてしまう恐れやそれによって障がいを悪化させてしまうこと」を考慮して、ルールを一部変更しています。 また大会では障がいの種類や程度ごとに「クラス分け」が行われ、男女別に同程度の競技能力を持った選手同士で、順位が競われています。 クラス分け 一口に障がいと言っても、さまざまな種類があり、その程度も各々で異なります。異なる障がいの選手同士が競い合っても、どちらがどれだけ優れたスイマーかを判断するのは不可能です。 そこで、障がいによって競技力に差が生まれないよう同程度の競技能力を持った選手同士のクラスに分け、順位を競うようにしています。 つまり、クラス分けを行うことで、選手たちは公平な勝負ができるのです。 その他、詳細については、こちらをご覧ください→http://www.jsad.or.jp/about/referenceroom_data/competition-guide_02.pdf 主催:一般社団法人 日本身体障がい者水泳連盟 提供:公益社団法人東京都障害者スポーツ協会

freshlive.tv