「2017 日本ゴールボール選手権大会」FRESH!にて生中継!

映像配信プラットフォーム「FRESH!」にてチャンネルを開設する「TOKYO パラスポーツチャンネル」にて11月19日、「2017 日本ゴールボール選手権大会」が生中継された。「TOKYOパラスポーツ」チャンネルは様々な障害者スポーツ・パラスポーツを競技中継するチャンネル。昨年度に引き続き本年度もゴールボールの中継を実施した。東京・足立区総合スポーツセンターで行われた本大会は 実況に河内優美子アナと一般社団法人日本ゴールボール協会の近藤和夫、樫 尚史を迎えて、男子女子の決勝の模様が放送された。 

ゴールボール競技とは、アイシェード(目隠し)を着用した1チーム3名のプレーヤー同士が、コート内で鈴入りボール(1.25kg)を転がすように投球し合って味方のゴールを防御しながら相手ゴールにボールを入れることにより得点し、一定時間内の得点の多少により勝敗を決するもの。選手はボールの位置を音等で把握する。 

最初は女子決勝戦が行われ、対決カードはスフィダンテ対チーム附属。チーム附属の3連覇達成がかかった戦いとなった。試合は0-0が続く接戦となり、前半はどちらも点が入らず終了。後半が始まり、後半線中盤頃に、スフィダンテの澤田志保選手が先制点を入れ、1-0に。そこから攻防戦が続いたが、そのまま点は入らず試合終了。チーム附属は3連覇とならず、スフィダンテが初優勝を勝ち取った。 

続いては男子決勝戦。対決カードはYMS2対Amaryllis。準決勝戦では、男女ともに三連覇を目指したチーム附属AにYMS2が勝利。去年度の準優勝Amaryllisと対戦することになり、去年の覇者が不在の決勝となった。前半冒頭からAmaryllisが得点を重ねていく。前半戦では、Amaryllisが5得点先取と勢いに乗る中、前半線終盤にYMS2が得点を入れ、1-5と前半試合が終了した。

ここで後半、前半戦最後に得点を入れたYMS2が後半勢いに乗るかと思いきや、そのままAmaryllisが押し切る形で、3-10で決着。Amaryllisが初優勝を獲得し、男女ともに初優勝のチームという結果となった。 

 ◼2017 日本ゴールボール選手権大会 

チャンネルURL

https://freshlive.tv/tokyo-parasports

2017 日本ゴールボール選手権大会 | FRESH!(フレッシュ) - 生放送がログイン不要・高画質で見放題

2017 日本ゴールボール選手権大会 決勝戦を生中継! ▼出演者 実況:河内 優美子 解説:近藤 和夫(一般社団法人日本ゴールボール協会)     樫 尚史(一般社団法人日本ゴールボール協会) --------------------------- ○ゴールボールとは ゴールボール競技は、アイシェード(目隠し)を着用した1チーム3名のプレーヤー同士が、コート内で鈴入りボール(1.25kg)を転がすように 投球し合って味方のゴールを防御しながら相手ゴールにボールを入れることにより得点し、一定時間内の得点の多少により勝敗を決するものです。 ○試合時間 ・正規時間(レギュラータイム):12分ハーフ(前半12分・後半12分)、ハーフタイム3分 ・延長戦(オーバータイム):正規時間内で同点の場合は延長戦を行う。3分ハーフ(前半3分・後半3分)、ハーフタイム3分のゴールデンゴール方式(どちらかが得点した時点で終了)で行う。 ・エクストラスロー:延長戦でも決着がつかない場合は、1対1のエクストラスローで勝敗を決める。 ○使用する競技用具  (1)ゴール...高さ1.3m×幅9メートル  (2)ボール...重さ1.25kg×周囲76cm(バスケットボールとほぼ同じ大きさ)  (3)アイシェード...スキーのゴーグルタイプで、完全に見えない。また目を保護します。  (4)ライン...幅5cmのラインテープの下に、太さ3mm(+/-0.5mm)のひもを通します。 その他ルールの詳細については、こちらをご覧ください→http://www.jgba.jp/goalball.html 「見えないけど感じる。みんなの声援が選手に響く。」 是非、ご覧ください! 主催:一般社団法人日本ゴールボール協会 提供:公益社団法人東京都障害者スポーツ協会

freshlive.tv