「FRESH!」のライブファンディングでSUPER☆GiRLS溝手るか オリジナル曲の音源化が決定

アイドルユニット・SUPER☆GiRLSが映像配信プラットフォーム「FRESH!」にて放送中の『スパガ TIMES☆GOLD』で、“Ruka”名義でソロ活動中の溝手るかがオリジナル曲の音源化を目指しライブファンディングプロジェクトを実施し、開始32分で見事目標額を達成した。

■開始32分での達成に涙「多くの方が音源化を望んでくださっていることを実感できた」

オリジナルソングの音源化は20歳の誕生日を迎えた昨年1月からの夢であり、ファーストライブに訪れたファンからの誕生日プレゼントとして贈られたM&M'Sのレッドのだるまの背中に書き、願い続けていたものだと説明。

1月21日(日)に行われたソロライブで一足先に音源化プロジェクトの実施が発表され、会場から「おぉー!!」と歓声が上がる場面が放送されると、自分自身の夢が叶うプロジェクトのはじまりに喜びのあまり涙を流してしまう場面も。

「ファンディングの%がどんどん増えてくるのを見て、自分の夢が叶えられる嬉しさに思いがこみ上げてきた。多くの方が音源化を望んでくださっていることを実感できた」と開始32分で達成した喜びを語った溝手は、今回の企画のために用意した特別サインやレコーディングの観覧、手拍子などでのレコーディングへの参加など、様々な特典を検討していると明かした。

■意外な曲作り法を暴露「リンスではなくシャンプーをしているときに限って、良いメロディーを思いつく」

このたび音源化が決定したオリジナル曲は全て、溝手が作詞・作曲。“こういう人に聞いてほしい”とシーンを思い浮かべながら作ったと言い、「私自身、辛いときや悲しいときに音楽に励まされることが多いので、ファンの方々に寄り添えるような身近な音楽になってほしい」と話した。また、「リンスではなくシャンプーをしているときに限って、良いメロディーを思いつくので急いで泡を落としてメモをとる」と、意外な曲作り法を明かした。

達成後でのインタビューで溝手は、「私はまだ夢の途中にいて自分自身を奮い立たせる立場なので、夢を追って頑張っている人の後押しになるような、日々の活力になるような音楽を作ることが多い」とオリジナル曲について語り、「これからレコーディングをはじめるので、皆さんの手元に届くまでまだまだ自分がやれる事がある。待っているファンの方の為にも、自分自身のベストをつくしたい」と、意気込んだ。

プロジェクトへの支援は2月16日(金)まで受け付けられており、音源化される曲などの発表は番組内で行われる予定。今後も、『スパガ TIMES☆GOLD』ではSUPER☆GiRLS のメンバーが様々な企画に挑戦したり、視聴者とコメント機能やアンケート機能を通して交流を持ちながら番組を盛り上げていく。

■次回放送■
スパガ TIMES☆GOLD #スパガTIMESGOLD
放送日時:2月2日(金) よる10時~
放送チャンネル:『スパガ TIMES☆GOLD』
チャンネルURL:https://freshlive.tv/supergirls
番組URL:https://freshlive.tv/supergirls/181835